2010年01月31日

引き続き観察&とりえず電源投入!

レストアとは言いつつもどの程度まで踏み込んで仕上げるのか、ある程度は線引きは必要だよなぁ。。。

なんて、はじめる前から「逃げ腰」ですわぁw

まぁ、あくまでも個人的なプロジェクトですのでw
ボチボチって感じでいきましょうかねぇ

前回見た感じでは、人通りの機能は問題無さそうなので、とあえず電源を入れてみます。
電源ケーブル&プラグがなんとも頼りない感じの「いい雰囲気」ですわぁ
33RPMで恐る恐るスイッチをON!!!

401_010.jpg


おおおっ!普通に動くやんか!
こんだけ放置されてきたのに、たくましい!

401_011.jpg


ピッチアジャストも一応機能してますねぇ
ストロボは+プラスに全開でも若干-マイナス方向に流れますねぇ
プーリーは間違いなく50Hzなんで、原因はなんでしょう。。。
まぁ、後で考えましょう。

401_012.jpg


後期型はパネルがプラスチック製なんですよねぇ
文字もエッジがくっきりしていて見栄えは悪くないんですが、やはり鋳鉄製の方が雰囲気ありますねぇ
パネルも後期型まらまだ新品が入手できるらしいので、キズが気になるようなら値段しだいでって感じで頭に入れておこう

401_013.jpg


眠っていた老体にいきなりムチ撃つのも何なんで、再度プラッター外してみましょう
ここは前期型のストロボが収まってたんでしょうねぇ
名残惜しいです。。。

401_016.jpg


ブレーキ死んでます。部品出るのかなぁ??
それか、代用でなんとかって感じかぁ。。。う〜〜ん

401_014.jpg


アイドラー外してみましたぁ
手で回した感じもスムースだったんで、軸部はそんなにひどくないですねぇ
もしかしたら研磨でいけるのかぁ??
リプロダクトの交換部品より、オリジナルのゴムの方が質がいいなんて噂もありますねぇ

401_015.jpg


プーリーも交換された形跡のないんで、購入当初から50Hz育ちなんでしょう

401_017.jpg


オイル式の軸も外しておきます。
さっき回した感じでも、特に気になるゴロ付の感じませんし、ガタも無く、まぁイイ感じかと思います。
こいつは後の後に回して、最後に仕上げたいと思います

徐々にバラしていくと、もう後戻りできないのか!!!
ちとプレッシャーですw
どこまでやれるもんなんでしょかねぇ・・・・
まぁ、ボチボチといきますでぇ

東京都の中古オーディオ専門店 Nack-Audio
posted by Nack-Audio at 02:12| Comment(0) | オーディオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。